文字サイズ

お客様第1主義

メディアスのBCP(事業継続計画)

医療材料の安定供給を続けるために


災害時でも医療現場を支援する。医療機関に商品を提供している以上、大災害発生時にも商品供給を継続できる体制を整えておくことが我々医療機器ディーラーの社会的使命です。BCPを意識し、万が一の際にも医療機関のニーズに応えなければなりません。
メディアスグループにおいては、首都圏、静岡、群馬の各物流センターが連携し、災害時でも医療材料の供給を維持できる体制を構築いたしました。中でも取扱い物量の多い首都圏では、免震構造の物流センターを稼働させており、自家発電装置や衛星電話も備え不測の事態に備えています。

VOC(Voice Of Customers)

お客様の本音に耳を傾ける活動

メディアスホールディングスは、各事業会社の営業部門とは独立した形で社長室直轄の「VOC (Voice Of Customers)」を設置しています。
お客様第一主義を標榜し、専任スタッフがお取引先様を訪問。現場においてお客様の「生」の声に耳を傾ける傾聴活動を全社横断的に展開しています。
VOCでは、ヒアリング結果を当社および各事業会社経営陣に直接フィードバックし、問題の顕在化および対応の迅速化を図ります。
この活動は、メディアスグループ全体におけるコンプライアンス体制の強化にもつながっています。