沿革

HISTORY

2009年
7月

協和医科器械(株)による株式移転によって、
持株会社である協和医科ホールディングス(株)を設立

7月
ジャスダック証券取引所(現:東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に株式上場
10月

協和医科器械(株)との吸収分割により、同社の子会社である
(株)オズ(本社:静岡県静岡市)の株式(100%)を承継

2010年
4月
ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い
大阪証券取引所JASDAQ市場に株式を上場
5月
SPD事業強化のため、(株)ケー・エス・ピー・ディ(現:メディアスソリューション
(株)(本社:東京都千代田区))の株式(100%)を取得
7月

関東地域の販売力強化のため、(株)栗原医療器械店(本社:群馬県太田市)の株式(100%)を取得

10月
大阪証券取引所ヘラクレス市場、JASDAQ市場及びNEO市場の統合に伴い、
大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場
10月
商号をメディアスホールディングス(株)に変更
10月
本社を東京都中央区へ移転
2012年
7月

首都圏地域の販売力強化のため、(株)ネットワーク(本社:東京都渋谷区)の株式(100%)を取得

2013年
7月

東北地域の販売力強化のため、(株)秋田医科器械店(本社:秋田県秋田市)の株式(100%)を取得

7月
東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場
11月

インド共和国での事業展開のため、インド共和国国内に鴻池運輸(株)との合弁会社
「CARNA MEDICAL DATABASE PVT.LTD.」(本社:インド ハリヤーナ州 グルガオン市)を設立

2014年
7月

東北地域の販売力強化のため、(株)ジオット(本社:福島県郡山市)の株式(100%)を取得

10月

介護福祉機器の販売を目的に、(株)ケアフォース(本社:東京都千代田区)を設立

2016年
9月
東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)から東京証券取引所市場第二部へ市場変更
2017年
3月
東京証券取引所 市場第一部に指定
2018年
7月

北陸地域の販売力強化のため、(株)ミタス(本社:福井県福井市)の株式90.5%を追加取得(計100%)

7月

北陸地域の販売力強化のため、ディーセンス(株)(本社:石川県金沢市)の株式100%を取得

2019年
7月
(株)ジオットの全株式譲渡により、連結子会社から除外
10月

(株)ネットワークがイーバスメディカル(株)に名称変更

2020年
3月

循環器分野および首都圏、北海道地方の販売力強化のため、
(株)アクティブメディカル(本社:東京都文京区)の株式100%を取得

4月

協和医科器械㈱が(株)ケアフォースを吸収合併。