文字サイズ

トップメッセージ

東証一部市場変更を契機とし、
お客様に求められるパートナーとして
さらなる飛躍を目指してまいります。

2017年3月21日、当社は東京証券取引所より市場第一部に指定されました。前年に第二部に市場変更して以来短期間でこのような運びとなりましたことは、全ての関係者の皆様のご支援の賜と厚く御礼申し上げます。

昨今の医療関連業界は、医療構造改革により重大な岐路を迎えております。抜本的な医療費削減を図るため、機能別医療を実現すべく大規模な病床再編が進む中、多くの医療機関様が医療のさらなる向上を目指す一方で経営の効率化を追求しておられます。変革する医療現場を支援するため、当社グループは物流の効率化、AIやIoTを活用したソリューションの充実、介護福祉事業の充実など一歩進んだ施策の実現に取り組んでまいりました。積極的なM&Aによって東海から東北まで活動領域を広げておりますのも、資金力強化を図り全国規模で堅実な事業基盤を確立していくためです。スケールメリットを活かした事業展開が奏功し、2017年度の業績も総じて順調に推移しております。

一方、業界のリーディングカンパニーの使命として、災害時にも医療機関に医療材料を安定供給できるようBCP(企業の事業継続計画)の取り組みにも力を入れております。首都圏物流倉庫の免震化もその一環です。これらの活動を通じ、お客様に求められるパートナーとして、あるいは地域に欠かせない企業グループとして、さらなる飛躍を目指してまいります。

今後とも倍旧のご支援ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
代表取締役社長 池谷 保彦

 

株主・投資家情報

株主・投資家情報トップ