アソース
ソリューション

ASOURCE®SOLUTION

中小規模病院向けの簡易SPDサービス。
医療材料を適切に管理し、アソース
管理業務にかかる時間や、
不良在庫などのムダをカット。

病院の医療材料の消費状況を把握して、必要な医療材料を一括供給するのが、中小規模病院向け
簡易SPDサービス STORE®(ストア)です。

STORE®でできること

01

中小規模病院が、SPD(院内物流管理システム)をローコストで導入できる

02

看護師が医療材料を管理する業務時間が
大幅に削減され、本来の看護業務に専念できる

03

使用状況が可視化され、不良在庫も減少し、コストダウンにつながる

STORE®の概要・特徴

ガーゼや包帯、シリンジ(注射器)など、医療材料の適切な管理には手間がかかるため
医療材料の流通管理システムであるSPDが導入されることがありますが、多くの中小病院では、コストが掛かることから導入が難しく
看護師が医療材料の管理業務にあたり、その業務負担が増加しています。

STORE®は、そうしたローコストのSPD導入を考える、中小規模病院のための簡易SPDサービスです。
導入することで、材料ごとに違う医療機器卸やメーカーへの発注や、それに伴い複数口で納品されたものを整理するこれまでの労力が削減されます。
また、医療材料消費量も製品をカードにかざすだけで迅速かつ確実に管理できるため、欠品や商品確認ミスの防止、看護師の管理業務負担減に繋がります。
さらには、医療材料の使用状況がデータで可視化されることで、発注数の推移を年別・月別で比較することが容易になります。
そのため適量の医療材料を仕入れることができ、使用期限切れや不良在庫も生じにくくなり、医療材料のコストダウンから、経営面での改善にも寄与します。

導入プロセス

※約1ヶ月程度で導入可能

01

商品マスターを作成する(1〜2日程度)

弊社担当者が病院内で使用されているすべての医療材料の洗い出しを行い、商品マスター(医療材料のリスト)を作成します。

02

倉庫在庫定数の設定(1〜2週間程度)

商品マスターに登録された医療材料の在庫定数を設定します。

03

システム設定(1〜2週間程度)

STORE®のシステム内に、上記項目の登録を行います。
同時に、弊社担当者が必要な医療材料の供給準備も進めるため、登録が完了次第、即時に稼働することが可能です。