アソース ナビ

ASOURCE®NAVI

コロナワクチンの副反応、発熱や倦怠感は2回目接種後に顕著

コロナワクチンの副反応、発熱や倦怠感は2回目接種後に顕著

公開日:2021.04.14

百万人以上の医療従事者が新型コロナウイルスワクチンの接種を受けて、副反応に関するデータが徐々に蓄積されつつあります。厚労省の研究班は、米ファイザー製新型コロナウイルスワクチンを先行接種した医療従事者約2万人を対象に実施した副反応調査「新型コロナワクチン投与開始初期の重点的調査(コホート調査)中間報告」をこのほどまとめました。それによると、1回目よりも2回目の方が、発熱や全身倦怠感、頭痛の症状が出現した人の割合が高く表れました。また、副反応の発現頻度は若年者や女性で高く、高齢者では低い傾向がみられました。

発熱は高齢者で少ない

出典:令和2年度厚生労働省行政推進調査事業補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)新型コロナワクチンの投与開始初期の重点的調査(コホート調査)-健康観察日誌集計の中間報告

この調査は、今年2月から接種を受けた医療従事者のうち約2万人を対象としたもので、年代別の被接種者は、20歳代から50歳代がそれぞれ21〜25%、60歳以上が8.7%となっています。男性34%、女性66%で、職種別では、医師17%、看護師47%、その他の医療従事者36%の内訳でした。1回目の接種を受けた約1万9,000人と、2回目を受けた約1 万6,000人の報告データが集計されました。

それによると、2回目の接種後の方が1回目よりも副反応が強く表れ、年齢が高くなるほど発生率が低下する傾向が認められました。2回目は37.5℃以上の発熱が38.1%(1回目3.3%)にみられ、そのうち、38℃以上は21%を占めました。全身倦怠感は69%(同23%)、頭痛は54%(同21%)といずれも1回目より大幅に高くみられました。いずれの症状も接種当日と翌日に多く出現しました。一方、接種部位の痛みに関しては、1回目、2回目とも90%強で大差ありませんでした。

2回目接種後に37.5℃以上の発熱が出たのは、20歳代では50%強、30歳代では45%弱でしたが、65歳以上の高齢者は9%と大幅に低下していました。全身倦怠感や頭痛も高齢者では38%、20%と他の年代と比べて低下していました。

副反応の強さは、女性の方が男性よりも強く、頭痛は男性が37%に対して女性は62%、37.5℃以上の発熱は男性が30%に対して女性は42%と高く表れました。

2回目の接種後に体調などを理由に勤務を休まざるを得なかった人は6%にみられました。

出典:令和2年度厚生労働省行政推進調査事業補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)新型コロナワクチンの投与開始初期の重点的調査(コホート調査)-健康観察日誌集計の中間報告

アナフィラキシー発生頻度は女性に多い

4月4日までに集計された約110万回接種中、医療機関より副反応疑いとして報告されたのが350件で、国際基準でアレルギー反応であるアナフィラキシー(ブライトン分類1〜3)と判断されたのが79件ありました。ほぼ全例で回復しています。女性が71件と男性8件に比べて大幅に多くなっています。女性にアナフィラキシーが多い理由ははっきりしていませんが、化粧品に用いられるポリエチレングリコール(PEG)がファイザー製ワクチンに含まれていることが可能性として挙げられています。100万回あたりの報告件数は国内で72件となり、米国の約5件や英国の約19件よりも発生頻度が高いといえます。

この記事をシェアする

  • LINEに送信
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • URL copied

MEDIUS HODINGS

アソースナビ編集部

メディアスグループは、医療機器の販売を中心とした事業を展開しています。医療に携わる私たち(Medical+us)は、医療現場や人々の健康的な明日へ役立つ情報をお届けする情報発信源(Media)の役割も果たしていきたいと考えています。

カテゴリーを見る